同性愛掲示板がゲイの楽園だった件

彼氏が居る男

彼氏が居る男

男が「彼氏が居るんだよ」と言われて引いてしまう人は何人いらっしゃることでしょう。
実際、正統派と言われない存在であるだけに様々な存在があるかと思うのですが、男女でペアになること自体は許されても、男性同士や女性同士では認められない人も居るのです。この差については長い間心労の的になってきました。

 

彼氏が居る男

 

現在同性愛の恋愛に対して結婚という結果を残せる国というのは限られています。宗教上の問題などもあるかと思われますが、それでも限られた場所でしか実らない恋愛であるということが少し悲しさも感じさせます。

 

彼氏が居る男、彼女が居る女、どれも人間性がくずれる訳でもありませんし、むしろ逆境があるからこそ強い絆を生むことも出来るのではないかと可能性も感じます。もちろん逆境があること自体が良いことであるとは言えません。ですが、状況を悩んでばかりでは前に進むことも出来ません。これからは「彼氏が居るんだよ」と堂々と男が言えるような世界になれば良いなと心の隅で感じています。

別にオープンでなくても良い

人と付き合うというのは特別世間に対してオープンにしなければならない情報ではありません。誰かと付き合っているから勝ち組、誰とも付き合えていないから負け組なんて非常にナンセンスな考え方ですよね。

 

彼氏が居る男

 

ですが、いざ同性愛で付き合いを始めたと周りが知ると、多い傾向としては皆「頑張ってね!」「すごいね!」と言ってくれるのです。それは嬉しいとともに悲しくもあるのです。

 

悲しい理由はただ一つです、そうして祝福される度合いが大きい程特別感が世間から抜けていないんだと実感するからです。かつて私も同じことを感じました。

 

祝福されつつも一番求めているのは平穏、通常です。何も同性愛者同士が付き合うことで向かい風ばかりが立つ訳ではありません。いかにも逆境に耐えて頑張ってと応援されるとやはり向かい風は強い特別な存在に受け取られているんだと感じるのです。

 

実際はそんなことはありません。自然体で居られることに喜びを感じているのです。だからこそ、特別であるように受け取らないで欲しいと感じるのです。

関連ページ

親に挨拶できなくて
同性愛者用の掲示板サイトがすごいぞ。ラインやスカイプ、カカオのIDを交換できるBBSなんだけど、なかなかイケてる。ゲイやバイはどんどんこういうサイトを積極的に使うべきだぞ。

ホーム RSS購読 サイトマップ